忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:21 】 |
FileVaultでセキュリティを高める
MacOSにはFileVaultという機能があります。
ホームフォルダをAES-128で暗号化をすることで、仮にHDDを盗まれたりした場合もホームフォルダのデータを盗まれにくくできるそうです。

設定はシステム環境設定の「セキュリティ」から行います。
FileVault設定画面

「FileVault機能を入にする」と暗号化が始まります。自分の環境では20分弱くらいかかりました。
FileVault機能
なお、FileVaultを有効にするにはホームフォルダと同じサイズの空き容量が必要です。また、Windows共有等が使えなくなりますので注意して下さい。

FileVaultはログインパスワードを入力してログインした時に暗号化が解除されるので、ログインパスワードを忘れると暗号化されたデータを取り出せなくなります。ログインパスワードを忘れたときのため、マスターパスワードを設定しておきましょう。
ログインパスワードとマスターパスワードの両方忘れると完全にアウトになりますのできをつけて下さい。

マスターパスワードのリセット方法
1./ライブラリ/KeyChains/FileFaultMaster.keychainを削除する
2.「システム環境設定」の「セキュリティ」で新規にマスターパスワードを設定
3.FileVaultを有効にしているアカウントでログインパスワードをリセットする


FileVaultは通常の使用ではあまりメリットがありませんし、パスワードを忘れるとデータが取り出せないデメリットもありますので、デスクトップPCよりもMacBookみたいな外に持ち出す機会があるPCに設定するのがいいと思いますね。
PR
【2007/02/13 23:45 】 | Mac | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<MacにPHP5をインストールする | ホーム | Excelで月末を求める>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]