忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:20 】 |
Perian
フリーのQuickTimeコンポーネントです。
これをインストールすればQuickTimeで大抵の動画は見れるようになります。
具体的には下記の動画形式に対応しています。

 AVI、FLV、3ivX, DivX, Flash Screen Video、MS-MPEG4、
 Sorenson H.263、Truemotion VP6、Xvid、AVI support for: AAC、
 AC3 Audio using A52Codec、H.264、MPEG4、VBR MP3


個人的にYouTubeのFLVも再生できるのがいいですね。
これで毎回落とすたびにiSquintで変換する手間が省けました。
インストール方法は公式サイトのダウンロードから入手して下さい。
Perian_0.5.dmgをダブルクリックしてマウントします。

Perianマウント

QuickTimeのライブラリへのショートカットがフォルダ内にすでにありますので、Perian.componentをショートカットへ放り込んで下さい。
これでインストールは完了です。
うまくいかない場合は、/ライブラリ/QuickTimeフォルダに直接コピーしてみて下さい。

これでYouTubeでダウンロードしたFLVファイルも観れるようになるはずなのですが、自分の環境ではなぜか再生されない・・・
調べたところ拡張子「.flv」を加えないとFLV形式は再生できないようです、ちょっと面倒くさいですね。

次にFLVファイルがQuickTimeで再生されるようにファイルで関連付けを行います。
flvファイルを右クリックし、「情報を見る」を選択します。

情報を見る(FLV)

「このアプリケーションで開く」で「QuickTime Player」を選択します。
これだけだとこのファイルしか関連付けされないので、その下の「すべてを変更」ボタンを押して関連付けを行って下さい。
これでファイルをダブルクリックするだけでQuickTimeで再生されるようになります。


参考・関連サイト
公式サイト
Macの手書き説明書
PR
【2007/03/11 22:22 】 | Mac | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<プリンタ「E-300」 | ホーム | ミラーサイトの更新>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]