忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 18:59 】 |
世界樹の迷宮レビュー
DSソフト「世界樹の迷宮」を購入してからようやく第2階層まで行きましたので、どんな感じか軽く感想書いてみようかと思います。

まず自分の現状ですがB6Fに潜ったところでパーティのLVは18〜19、構成はこんな感じでここまで来ています。

前衛:パラディン・ダークハンター
後衛:メディック・アルケミスト・レンジャー

全滅は今のところ試しに突撃してみたB2Fの怒れる野牛の1回だけで済んでます。ここは運も味方しているところはありますね。


で、感想に入りますが難易度は評判通り高めです。とにかく敵が他のRPGに比べて強い!1撃で死亡が普通にありえます。1番防御力があるパラディンでさえ最初のターンで死ぬことも多々あります。
そこそこ強くなったと思えた頃に遭遇したf.o.eに防御したパラディンが1発でHP半分持ってかれたときは軽く衝撃をうけました。
ただ難易度が高いと言ってもLVを上げればちゃんと強敵f.o.eも倒せるようになっており、戦わずに避けるルートも用意されてたりするんですよね。f.o.eは最初は絶望的な強さですが、LVを上げれば倒せる、LVが低くても戦略を練ってうまくスキルを駆使すれば倒せる、このバランスは本当に絶妙だと思いました。

また、このゲームにはf.o.eというMAPで位置がわかる強敵がおり、自分が1歩進むとf.o.eも1歩進むというシステムになっています。恐ろしいことに戦闘中にも1ターンに1歩ずつ移動してるんですよね、で、自分達のところまで来ると問答無用で戦闘に参加してくると。
f.o.eが隣にいるときに雑魚敵と戦闘になったときに1ターンで全滅させなきゃいけない状態はスリルがあって面白いですよ。
B5Fでボス戦にもf.o.eが参加してくるのには泣きが入りましたw


不満点としては細かい部分で操作性が悪い。
LRボタンでMAPの階を切り替えられるんですが使う機会がない上にむしろ邪魔。電車でプレイすると揺れたときにうっかり押してしまい、画面を見たときに焦ることがしばしばあります。
Lボタンが決定ボタンなら右手にタッチペンを持って、操作は左手だけでできるのにと何度も思いましたよ。
ステータス画面でもLRでキャラの切り替えができないのでいちいちキャンセルで戻る必要があります。
こういうかゆいところに手が届く機能がないというのはゲームが面白いだけに不満として目立ちますね。少し残念だと思います。

肝心のMAP作成についてはMAPを拡大したときにが自動で切り替わらない、イベントアイコン等を配置したときに壁を書こうとするとアイコンを掴みやすい等の欠点はありますが、システム的にはまずまずの出来だと思います。戦闘中にもMAPが書けるのもいいです。


ゲーム自体はマニアックな部類に入りますが、やりごたえは十分にあるRPGだとは思いますね。じっくりゲームをやりたい人にはお勧めです。
ストーリーはひたすら最下層を目指す以外は特にないので物語を楽しみたいという人には向いてないかもしれません。ストーリーや設定は自分で考えられる人なら別ですが(笑

買った人間がいうのもなんですが、こんなマニアックなゲームが結構売れているということが未だに信じられません(笑
マイナーなジャンルでも面白いゲームが評価されたということは喜ぶべきことなのかもしれませんが、意外と物好きな人って多いんですねー


関連サイト
世界樹の迷宮公式
世界樹の迷宮wiki
当ブログ記事
PR
【2007/01/27 00:47 】 | ゲーム | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<TriPort IE | ホーム | パソコン用メガネ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]